【最新刊】つばき

一膳飯屋「だいこん」

山本一力

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    つばきは、深川に移り住み、浅草で繁盛していた一膳飯屋「だいこん」を開業した。評判は上々だが、「出る杭は打たれる」とばかりに、商売繁盛を快く思わない者もいた。廻漕問屋「木島屋」から、弁当を百個こしらえてほしいという大口の注文を受けたのだが……。浅草とは仕来りの違う深川に馴染もうと、つばきは奮闘する。祭の興奮と職人たちの気概あふれる深川繁盛記。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/10/27
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 一膳飯屋「だいこん」 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      一膳飯屋「だいこん」 全 2 巻

      1,760円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    • 2009/03/07Posted by ブクログ

      繁盛していた一膳飯屋を人に譲って新しい土地で開店しようという飯炊き上手なつばきが、土地の渡世人<閻魔堂の弐蔵>に呼び出され、というところから始まり、それまでのつばきの人生を弐蔵との因縁を解き明かしつつ...

      続きを読む
    • 2019/01/11Posted by ブクログ

      「だいこん」の続編です!浅草から深川に移転した「だいこん」を舞台に深川の地での店の営み方を弐蔵親分に教わりながら、騙りにあったり窮地に追い込まれる場面もありつつ、それが縁で商いを伸ばすことになったり、...

      続きを読む
    • 2010/10/02Posted by ブクログ

      移動中の新幹線の中で読もうと、駅の本屋さんでたまたま手に取った本。この本が山本一力さんを読むきっかけでした。
      かなり厚い本ですが、引き込まれるようにしてあっという間に読んでしまいました。いまも時々読み...

      続きを読む
    開く

    セーフモード