【最新刊】批評と臨床

批評と臨床

ジル・ドゥルーズ/守中高明/谷昌親

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    文学とは錯乱/一つの健康の企てであり、その役割は来たるべき民衆=人民を創造することなのだ。文学=書くことを主題に、ロレンス、ホイットマン、メルヴィル、カント、ニーチェなどをめぐりつつ「神の裁き」から生を解き放つ極限の思考。ドゥルーズの到達点をしめす生前最後の著書にして不滅の名著。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/25

    レビュー

    • null巻2014/10/05Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      文学とは錯乱/一つの健康の企てであり、その役割は来たるべき民衆=人民を創造することなのだ。
      文学=書くことを主題に、ロレンス、ホイットマン、メルヴィル、カント、ニーチェなどをめぐりつつ「...

      続きを読む
    • null巻2010/09/14Posted by ブクログ

      2010/9/14ジュンク堂で購入

      もはや愛さず、身を捧げず、取ることもしない。そのようにして自分自身の個人的な部分を救うのだ。というのも愛は個人的な部分ではなく、それは個人の魂ではないからだ。それ...

      続きを読む
    • null巻
      ネタバレ
      2020/11/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード