【最新刊】自殺者たち 一日一死

自殺者たち 一日一死

1冊

著:稲葉真弓 著:下川耿史

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。毎日必ず人が死に、そのなかにはそれぞれの理由からさまざまな方法でみずから命を絶った人がいる。首吊り、飛び降り、服毒、割腹……明治・大正・昭和・平成の記録を拾い集めて提示する。事実を伝える行間から命への想いがにじむ鎮魂の日抄。

    続きを読む
    ページ数
    240ページ
    提供開始日
    2014/07/25

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2006/03/22Posted by ブクログ

      自殺者と書かれているがそうでない人も混じっている。
      だからナンて事はない。明治から昭和・平成までに範囲が及んでいて普通に面白く読める。

    セーフモード