ニッポンの社長―週刊東洋経済eビジネス新書No.68

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    企業の競争環境が激変し、「社長の器」も大きく形が変わりつつある。日本マクドナルドホールディングスの経営トップからベネッセホールディングスの次期会長兼社長に就任する原田泳幸。米GEの日本法人会長から、LIXILグループ社長になった藤森義明。日本コカ・コーラの社長・会長から資生堂トップとなった魚谷雅彦……。“職業は社長”ともいうべき「プロ社長」が日本でも続々と登場している。この背景は何なのか。ユニクロ、サンリオ、ユーシン、タカラトミーの事例や、「後継者がいない!」と揺れるファミリー企業、大企業で生え抜き社長が選ばれる理由などから、ニッポンの社長たちに迫る!本誌は『週刊東洋経済』2014年5月31日、6月7日、6月14日号短期集中連載の20ページ分を抜粋して電子化したものです。●●目次●●「プロ社長」の真実ベネッセ「原田マジックは通用するか」LIXIL「2人の“破壊神”が出会い世界へ打って出る」資生堂「官僚主義をなくす!魚谷雅彦の意気軒昂」後継者はどこにいる?ファミリービジネスの苦悶サンリオ「帝王学授けた息子が急死。86歳トップは決断できるか」ユニクロ「息子2人がスピード昇進。ユニクロに世襲はあるか」ユーシン「2度目の社長公募は成功するか」タカラトミー「外国人の手腕に託されたトミカとリカちゃんの将来」生え抜き社長は巨大企業を変えられるのか日立製作所・コマツ・オムロンInterviewオムロン社長山田義仁三菱自動車「危機救った指揮官があえて社長を譲る理由」

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード