【最新刊】遠鳴堂あやかし事件帖 其の参 あの星が見えなくなるまで

遠鳴堂あやかし事件帖

3冊

著者:椎名蓮月 イラスト:水口十

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    遠鳴堂に珍しく訪れた古書修繕の依頼。その本に込められた想いを紐解いたとき、明の両親と倫太郎にまつわる悲劇的な過去が白日の下にさらされる。動揺する明に対して、倫太郎はひとつの決断を下す。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/19
    連載誌/レーベル
    富士見L文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    6
    5
    1
    4
    1
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/04/03Posted by ブクログ

      弟と話をさせてほしい、という、幽霊からの依頼。

      怖い事はまったくなし、ですが、人間の欲の方が
      よっぽど怖いかもしれません。
      悲劇のヒロインは、一生それを続けていくのだ、という
      分かりやすい例が登場し...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/02/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/09/25Posted by ブクログ

      シリーズ3作目。長い長い、明と倫太郎の序章が終わり、一つの収まりを見たという感じ。倫太郎の過去や明の親との因縁、その他の方面の関わりが明らかになっていく。そして、新たなるストーリーの始まりが。
      今回も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード