【最新刊】人の短篇集

人の短篇集

原田宗典

484円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校時代、控えの投手として野球部に在籍しながら一度も公式戦のマウンドに上がれなかった男は、電気工務店に就職してもなお、仕事の合間をみては弁当箱をホームベースに見立て、ひとり投球を続けていた。その日もいつものように投球を始めると、背後に熱い視線を感じた。そこに立っていたのは、左官の見習いをしていると噂に聞いた、かつてのエースピッチャーだった――。(「電気工事夫の屈託」)憧憬、懐古、恐怖、愛憎……。人間の持つ様々な心情を物語に凝縮させた掌編小説集。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2005/09/02Posted by ブクログ

      小川コーヒーで読み終えました。個人的にはガソリンスタンドの店員の一生が一番この作者らしくなくて印象的だった。なんか後書きにもあったけど、人生の1ページを切り取ってるって感じやね。例えどんな平凡な人生だ...

      続きを読む
    • 2009/11/04Posted by ブクログ

      この人のすっきりとまとまってシンプルな文章と展開のさせ方、そして笑っちゃうくらいキュートなおじさんぷりが好きです。

    • 2013/05/20Posted by ブクログ

      再読。この人がうつになったあたりから作品を読んでいなくて、久しぶりにどうされてるんだろ?とググッてみたら、ダブル不倫だの離婚だの愛人に子供が出来ただの破天荒なエピソードばかりヒットして驚いた。なんだか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード