【最新刊】人間失格

人間失格

太宰治 マンガ:比古地朔弥

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

子ども時代から他者との関わりに深く迷い、青年時代においても世の中や人間関係に恐怖し続ける葉蔵。その内面の弱さと容姿に女たちは惹きつけられ、葉蔵は次々と同棲相手を替えていく。断ち切れない酒、薬。そして自殺未遂。重苦しい絶望感のなか、葉蔵はひたすら愛と幸せ、生きる意味を悩み続けていく――。

続きを読む
ページ数
192ページ
提供開始日
2014/07/25
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2010/01/27Posted by ブクログ

    人間、失格。もはや自分は完全に人間でなくなりました。



    この本を読んで太宰治は天才だと思った。極めて狂っている。芥川龍之介や川端康成のように天才は破綻者が多いのか?
    この作品は太宰治の私小説だと思...

    続きを読む
  • 2008/05/20Posted by ブクログ

     葉蔵は、自分一人が他の人間と全く違っているのではないかという不安と恐怖から、人間とまともに話をすることができなかった。そこで、彼は、人間に対する最後の求愛の手段として道化することを選び、実行した。表...

    続きを読む
  • 2009/05/01Posted by ブクログ

    暗い話ではあるのですが、妙にスルリと入り込んでくる。一心不乱に読み進めました。それが、太宰氏の文章力のせいなのか、魅せ方のせいなのか、同調してしまっているのか、それは分かりませんが。
    途中までは、主人...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000286320","price":"660"}]

セーフモード