どぶがわ

池辺葵

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あなたがいなくても生きていける。でも、私たちは確かに繋がっていた。「繕い裁つ人」「サウダーデ」の著者が描く、川沿いの町に暮らす人々の群像劇。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.9
    16
    5
    6
    4
    4
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/06/13Posted by ブクログ

      書き下ろしが和んだ。男の子が夢を叶えたんだね。そしてマイク入れっぱ(笑)
      ここに出てくる人たちみたいに他人を侵食しない人ばかりだったらいいのに。現実は自分も含め、他人に期待を勝手に持って侵食する人ばか...

      続きを読む
    • 2015/12/19Posted by ブクログ

       臭くて汚いどぶ川のそばのベンチに毎日座っているおばあさんは、中世のお嬢様の妄想をしている。
       そのおばあさんと直接関わるではないけれど、彼女との些細な関わりから自分の生活環境を振り返ってみたり、また...

      続きを読む
    • 2015/12/08Posted by ブクログ

      渋谷の漫画サロントリガーにての読了。どぶがわの近くに住む近隣住民達の群像劇で、どぶがわの近くのベンチで眠りながら中世ヨーロッパの夢を見るおばあちゃんを中心に物語が進む話。全体的なフワフワとした雰囲気が...

      続きを読む
    開く

    セーフモード