起業すると月曜日が楽しくなる! 「好き」で会社を作る

栢孝文

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『起業にはリスクはほとんどありません。それよりも、会社員として嫌々仕事をして日々を過ごしていることの方が、リスクなんです!』ゲームが大好きで大手ゲーム会社に就職したものの、会社員では『自分自身が決定者になれないジレンマ』を感じ、自ら起業。同じく大好きな麻雀を題材にしたプロジェクトを立ち上げ、会員数60万人を擁する有料オンライン麻雀サイト『Maru-Jan』を作り上げた。その著者がこれまでの経験から、起業の醍醐味や起業に失敗しないポイントなどを語る!「好き」で起業して、「楽しく」仕事をすれば、毎週月曜日が来るのが待ち遠しくなる!【著者プロフィール】栢孝文(かや・たかふみ)(株)シグナルトーク代表取締役社長。1975年生まれ。大阪府堺市出身。1998年、大阪府立大学大学院在学中に、合資会社イーツーを設立。1999年、(株)セガ・エンタープライゼスにプランナーとして入社。ドリームキャスト用ゲームの企画・制作に携わる。2001年には、(株)ソニーコンピュータエンタテインメントにディレクターとして入社し、プレイステーション2のゲームやオンラインゲームサーバ戦略などに携わる。そして、2002年11月にセガ時代の同僚と、現在の(株)シグナルトークの前身となるシグナルトーク・コーポレーションを設立、代表取締役に就任。プロジェクトファイナンスを利用して、高品質のオンライン麻雀ゲーム『Maru-Jan』を開発、2004年4月より運営をスタートさせる。その後、『Maru-Jan』は会員数60万人を擁する、業界最大手のサイトにまで成長した。現在は『Maru-Jan』の他にも、認知症の早期発見を目指す『脳測』やスマホゲームを採点・レビューする『みんなのゲームアワード』など、多岐にわたるWebサービスをプロデュースしている。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード