【最新刊】将棋の子

将棋の子

大崎善生

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る”トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。第23回講談社ノンフィクション賞受賞作(講談社文庫)

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/18
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2019/08/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/03/06Posted by ブクログ

      将棋の子

      とても悲しい物語だった。

      幼いころ、並外れた実力で将棋好きの大人たちをころころと負かし、
      「天才」「神童」ともてはやされ、プロの棋士を目指す子供たち。
      そんな子供たちは、「奨励会」と呼...

      続きを読む
    • 2017/01/03Posted by ブクログ

      将棋連盟という仕組み、そして 奨励会の仕組み。
      このプラットフォームが、
      将棋の伝統を守り、継続ができる。
      将棋にもルールがあるが、将棋の世界にもルールがある。
      20歳で 1段 26歳で 4段という年...

      続きを読む
    開く

    セーフモード