富の不均衡バブル

若林栄四

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「いつ、いくらになるのか--」。相場の時期と水準をピンポイントで予測・的中させるゴッドハンド、若林栄四氏による1年半ぶりの書き下ろし作品。同氏は、2011年7月発行の著作『デフレの終わり』で、“2012年初頭に最後の超円高がくる”と予測して的中。『不連続の日本経済』(2012年12月発行)では、“2013年の日本株の垂直上昇相場”を予測して的中させた。その同氏が“史上最高値圏の米国ダウは2022年まで下がる”と予測!長く続く“富の不均衡バブル”という不正義は、マーケットにより調整され、日柄からしても崩壊が必然だからである。さらに本書では、2014~2015年の日経平均と円相場の目安にも言及。過去20年とは“不連続”の長期上昇相場を示し始めた日経平均を読み解く。投資家はもちろん、すべてのビジネスパーソン必読の書!

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/06/29Posted by ブクログ

      この本の著者である若林氏が書かれる内容の特徴は、株価やゴールドの価格の推移を図形的に解析して、さらには未来の価格のレベルと時期を予想することです。

      彼の持論は、株価等は経済のファンダメンタルズではな...

      続きを読む
    • 2014/09/04Posted by ブクログ

      最近は割りと外していると思うのだが、その都度チャートを修正して解釈しているので、まあ、理論としては間違っていないのかもしれないが・・・。ファンとしてはもっとバシッと予測を当てて欲しい。

    • 2016/03/21Posted by ブクログ

      ピケティよりも先に不均衡に目をつけたんだろうか。
      相場感もその後の動きをよく捉えていてすごいわ、この人。まぁ全部は当たらないけどね、もちろん。

    開く
    [{"item_id":"A000285707","price":"1650"}]

    セーフモード