進化倫理学入門~「利己的」なのが結局、正しい~

内藤 淳

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    従来の倫理学や法哲学で議論が錯綜している「道徳の根拠」という難題に、人間行動進化学という理科系の知見を活用し、ユニークな視点で切り込む。新しい学問をわかりやすく解説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/08/10Posted by ブクログ

      とても、興味深い話であった。
      何が、「快」「不快」を後天的に決められることが、特に興味を持った.

      【重要箇所抜粋】
      進化論は弱肉強食ではない。
      「環境への適応」である。
      ex) 昨日まで、相撲で競争...

      続きを読む
    • 2012/06/18Posted by ブクログ

      これは最近読んだ中でベストの一冊。
      これぞ学問。

      なぜ「人は嘘をついてはいけない」と子どもに教えるのか
      なぜ人は寄付やボランティアをするのか

      一見取っつきにくい道徳倫理の疑問を人間行動進化学とそれ...

      続きを読む
    • 2011/12/05Posted by ブクログ

       道徳や善悪の起原を進化に求める考え方を平易に解説。メタ倫理学では道徳の基準について客観説,主観説が対立。進化倫理学では要するに「情けは人のためならず」が倫理・道徳の根拠だとする。
       それぞれの生物種...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000285657","price":"726"}]

    セーフモード