自由という服従

数土直紀

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「自由って、そんなにすばらしいことだろうか?」――ふとした疑問を元に、長年、自由と権力とについて考え抜いてきた著者がたどりついた結論とは?自由論の決定版!

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/05/29Posted by ブクログ

      われわれは「罪を犯す自由」を実は持っている。しかしそうしないのは、そうすることによって「自由」が奪われることを知っているからである。自由は不自由によって保証されるといえば、わたしの考えとかなり近い。

    • 2005/05/22Posted by ブクログ

      最近ニュースなどで、「自由」という言葉を聞くことが増えています。
      この言葉が用いられると、「良い」というイメージが付きまといます。
      しかし、実際には「自由」とは何かを真剣に考えることはあまりありません...

      続きを読む
    • 2019/12/27Posted by ブクログ

      第1章の最初の問いかけ
      「自由=幸せ」って本当?

      自由を「制約からの解放」と捉えるのは甘い!
      自由と服従とは表裏一体なのだ。
      自由だからこそ、人は権力にとらわれていく。

    開く
    [{"item_id":"A000285656","price":"693"}]

    セーフモード