国鉄・JR 悲運の車両たち

寺本光照

1,324円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国鉄~JRが世に送った車両の中には、常に脚光を浴び華やかな舞台で活躍してきた車両や、長年にわたり地域輸送などに多大な貢献をした車両もあれば、期待されて誕生しながらも、鉄道を取り巻く時代環境の変化や線区事情により不遇な一生を送った車両もある。本書ではこれら悲運に泣いた車両約50種を取り上げ、なぜ陽の目を見なかったのか、輸送環境はどうであったのかなどを考察しながら、その車両の生きざまをあらためて解説している。単に活躍時期が短かかった車両だけではなく、華やかな活躍から一転して不本意な使われ方になったり、改造による全くの目的外使用になってしまった車両など、バラエティ豊かな内容となっている。※この電子書籍は2014年1月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/02/29Posted by ブクログ

      様々な車両種にまんべんなく記述があります。蒸気機関車と客車のところを中心に楽しく読みました。興味があるところをつまめる感じでいいですね。

    • 2014/04/28Posted by ブクログ

      悲運の車両たちであることは確かであろうが、サブタイトルの「名車になれなかった車両列伝」というのはどうであろうか?

      明らかな名車もかなり掲載されている。

      選択の基準は、設計段階の思想で、長い期間、そ...

      続きを読む
    • 2014/02/13Posted by ブクログ

      タイトルに釣られて、つい、手にとってしまった一冊。
      鉄ヲタじゃない私には、全部読むのはちょっとつらいが、知っている車両や、知っている路線が出てくると、思わず「そうだ」とか「あるある」と納得してしまう。...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000285511","price":"1324"}]

    セーフモード