賭けられた愛 【恋という名の奇跡】

サラ・クレイヴン 翻訳:青海まこ

648円(税込)
ポイント 6pt

購入へ進む

カゴに追加

ジョアンナは母を亡くしたのち、父と高級カジノを渡り歩く毎日だ。ギャンブラーである父は、ジョアンナの魅力を利用してポーカー相手の気をそらし、隙をついてゲームを有利に進めることで生活費を稼いでいるのだ。今みたいな生活には嫌気がさす。でも、父を一人にはしておけないもの。そんなある日、ギリシアの大富豪バッソスの内輪のゲームに招かれ、喜び勇んで参加したものの、父はみるみる窮地に立たされた。ここで負ければ、全財産を失うばかりか莫大な借金を負う。強気に出てゲームを続ける父に、バッソスは冷酷に告げた。「君の負けは確実だ。その女性を差し出すなら、借金を免除しよう」

続きを読む

レビュー

4
3
5
0
4
3
3
0
2
0
1
0
  • 2014/02/21Posted by ブクログ

    父親に賭けられ、逃げる隙も与えられずにギリシアの孤島へ。復讐のために彼女を懲らしめようと誘惑する彼は彼女が無垢だと知って… 一方、屋敷から離れた島の片隅で暮らす愛されない幼児に気持ちを向け、孤独を紛ら...

    続きを読む
  • 2012/05/17Posted by ブクログ

    父のギャンブルに巻き込まれたジョアンナ・バーノン19歳と、誤解から復讐を考え賭けによってジョアンナを獲得するギリシャの富豪バッソス・ゴルダニス。ドラマチックで楽しかった。

  • 2012/04/07Posted by ブクログ

    すごくクラシカルなR 本国での出版は2011年だけど、舞台は1980年頃? 展開はいつものサラ・クレイブン でもやっぱりこういう雰囲気好きかも。おまけして☆4.5かなー

セーフモード