【最新刊】白旗の少女

白旗の少女

著:比嘉富子 絵:依光隆

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太平洋戦争末期の沖縄本島の南部。この日本最大の激戦地で、逃亡の途中、兄弟たちとはぐれたわずか7歳の少女が、たった一人で戦場をさまようことになった。しかし、偶然めぐりあった体の不自由な老夫婦の献身で、白旗を持って一人でアメリカ軍に投降し、奇跡的に一命をとりとめた。この少女の戦場での体験をおった愛と感動の記録。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/18
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2015/09/08Posted by ブクログ

      七歳になったばかりの少女が、沖縄戦争に巻き込まれ、逃げる途中ですぐ上の兄が流れ弾に当り死亡する。二人の姉とも別れ別れになり、一人で逃げることになった。
      その間、いくつもの死体を見ただろう。感覚の麻痺し...

      続きを読む
    • 2020/06/04Posted by ブクログ

      p92
      富子、人のまねはするな。いつも自分の頭で考えなさい。

      どの時代のどの年代の人にも、通じるすばらしいひとこと。

      読んだことがないなら、必ず読んで欲しい。とのおすすめで読んだ本。
      6歳の子が...

      続きを読む
    • 2020/05/20Posted by ブクログ

      5月20

      一度は読んで欲しい作品。
      比嘉さんが生き延びたことは、本当に奇跡のようなことで、さまざまな人の助けがあったから。
      当たり前に食べ物があって、寝るところがあって、それだけで素晴らしい。
      白旗...

      続きを読む
    開く

    セーフモード