【最新刊】白旗の少女

白旗の少女

1冊

著:比嘉富子 絵:依光隆

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太平洋戦争末期の沖縄本島の南部。この日本最大の激戦地で、逃亡の途中、兄弟たちとはぐれたわずか7歳の少女が、たった一人で戦場をさまようことになった。しかし、偶然めぐりあった体の不自由な老夫婦の献身で、白旗を持って一人でアメリカ軍に投降し、奇跡的に一命をとりとめた。この少女の戦場での体験をおった愛と感動の記録。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/18
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.2
    4
    5
    2
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/06Posted by ブクログ

      だいぶ前の話だが、この白旗の少女のドキュメンタリー番組を観た。恥ずかしながら本を読んだことがなかったので、夏休みの課題とした。

      比嘉さんが生き延びたのは、本当に奇跡だと思う。「鉄の暴風」と呼ばれる...

      続きを読む
    • 2017/10/20Posted by ブクログ

      おおよその概略は知っている、と思っていたが、読んで良かった。
      少女(著者)が掲げている白旗が、どのようにして作られたのか。どうして手を振ろうと思ったのか。そこに、この体験記の真骨頂があると思う。
      本人...

      続きを読む
    • 2015/09/08Posted by ブクログ

      七歳になったばかりの少女が、沖縄戦争に巻き込まれ、逃げる途中ですぐ上の兄が流れ弾に当り死亡する。二人の姉とも別れ別れになり、一人で逃げることになった。
      その間、いくつもの死体を見ただろう。感覚の麻痺し...

      続きを読む
    開く

    セーフモード