遺留捜査 1

著:市川哲史

764円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「被害者はなぜ殺されなければならなかったのか…」。鑑識員たちが集める”遺留物”や”遺留品”。警視庁捜査一課の科学捜査係主任・糸村聡は、被害者が遺した「子供の頃から大切にしていたおもちゃ」や「日常肌身離さず持ち歩いていたもの」にこだわり、科学捜査だけでは辿り着くことが出来ない被害者の知られざる一面を浮き彫りにし、現代のセオリーとは異なる方法で犯人を追い詰めていく-。被害者の最期の”声”を聞き、その人間性に寄り添う”愛すべき変人”糸村警部補の活躍を描く、従来の「犯人探しドラマ」とは一線を画す、時代が生んだ新しい”イノセントヒーロー”刑事ドラマ。待望の小説化。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/13Posted by ブクログ

      『被害者は、もう何も言えません。だから、遺留品に聞くんです。被害者の最後の声を...』

      上川隆也さん主演のTVドラマのノベライズ版。
      人の意見を全く聞かず、周りの空気も読めない変人の警視庁捜査一課科...

      続きを読む
    • 2012/10/22Posted by ブクログ

      上川隆也主演ドラマのノベライズ。作者が本職の小説家ではないからか、小説的でない表現がところどころ。織田みゆきの心境の変化や糸村の周辺の人々の心情が掘り下げてあるのは小説ならでは。ドラマの副読本に。