【最新刊】面白くて眠れなくなる素粒子

面白くて眠れなくなる素粒子

著:竹内薫

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    素粒子の世界へようこそ。重さの素となる「ヒッグス粒子」、宇宙創生の秘密につながる「超ひも理論」、莫大なエネルギーを生む反物質、あまりにもふしぎな仮説の数々…など、奇妙で奥深い素粒子の世界がわかる一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/18
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2013/04/21Posted by ブクログ

      ヒッグス粒子から始まり、素粒子、素粒子研究、クオークとレプトンの話、超ひも理論から相対性理論とピカソまで。科学読み物の中でも内容もわかりやすくとても楽しく読める。
      ほとんどは仮説の元に、でもここまで考...

      続きを読む
    • 2013/05/12Posted by ブクログ

      ところどころ、面白い話が載っている。
      ・物理学者には、「理論屋」と「実験屋」の他に、理論からどういう実験をやれば良いか・正しいか検証できるかを計算する「現象論屋」がいる。。(
      ・超ひも理論によると、素...

      続きを読む
    • 2013/06/01Posted by ブクログ

      以前読んだ『面白くて眠れなくなる数学』は、ちっとも面白くなかったですが、こちらの本は面白かったです。
      眠れなくなるほどではなかったですが(笑)。

      素粒子の本を書いている人というのは、たいてい、そ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード