博多豚骨ラーメンズ4

著者:木崎ちあき

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

人口の3%が殺し屋の街・博多に、日本中を騒がせる巨悪サイバーテロ組織が上陸! 有能なハッカー暗殺を企む組織の存在を知り、調べを進める榎田。その頃、馬場探偵事務所に榎田を捜す依頼人が現れる。懐かしい人との再会と依頼に、榎田は訣別したはずの過去と再び対峙することに。そこへ追い討ちをかけるように組織の魔の手が忍び寄る。榎田暗殺を目論む組織が張り巡らせた罠に、林と馬場も巻き込まれていき――。 天才ハッカーの情報屋を狙って、博多に絶体絶命のサイバーテロが巻き起こる! 第20回電撃小説大賞<大賞>受賞作、続編!

続きを読む

レビュー

3.5
11
5
2
4
3
3
5
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/16Posted by ブクログ

    舞台設定は非現実的だけど、殺し屋たちがその仕事内容の割に明るくて妙な人間味を持っているので残酷なトーンにならずに不思議と楽しく読めてしまいます。

  • ネタバレ
    2018/06/04Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/06/16Posted by ブクログ

    シリーズ4作目もとても読みやすくてまたまた一気読みです。榎田くんの回でした。いいとこのお坊ちゃんだったのね榎田くん。林ちゃんとの背比べ合戦のオチに笑いました。それにしてもハッカーすごいな。パソコンを取...

    続きを読む
開く

セーフモード