【最新刊】C.S.T.〈3〉 情報通信保安庁警備部

C.S.T.

3冊

著者:十三湊

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈黄金の朝〉と名乗る者による殺人事件が、全国で連続して起こっていた。東北、北陸、関東、関西、九州と現場はバラバラだが、詳しく調査していくと、被害者全員がオンラインゲーム〈リバース・オンライン〉のユーザーだと判明。 情報通信保安庁警備部の御崎と篠木が、ゲームの運営会社・株式会社リバースを調べると、他の社員は確認できたものの、社長の雨宮だけが行方不明となっていた。彼の足跡を追ううち、御崎たちは、あの〈AetΩ〉事件とのつながりを見つける――。 第20回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞作の人気シリーズ、ついに完結!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/05/14
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • C.S.T. 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      C.S.T. 全 3 巻

      1,969円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    3.5
    11
    5
    0
    4
    6
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/04/09Posted by ブクログ

      2018/04/09

      私の会社に足りないのは、
      「業績よりも人」「部下への密なストローク」「部下の力を生かす」「部下の気持ちに寄り添う」「部下に権限を委譲するの」「自信を持たせる「教育のしくみ」をつ...

      続きを読む
    • 2016/11/12Posted by ブクログ

      読み終えたー!

      甘える伊江村ちゃんが可愛かったのに変わってしまった…
      どう変わったのか続きが読みたいなぁ

      自分を不幸へ追いやった父親をどうして慕えるのかわかんない
      僕は憎んで憎んでたまらないけどな...

      続きを読む
    • 2016/11/10Posted by ブクログ

      文系の人が描いたとは思えない作品だな
      僕もガラケー世代の生き残り
      スマホにしないのはプライベートがネット漬けになりそうで怖いから
      パソコンは使うけど、持ち歩かないからOKっていう謎の区切りがあるからだ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード