社長の値打ち~「難しい時代」にどうあるべきか~

長田貴仁

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    カンパニー制の導入や起業ブームで、現在は「社長乱発」の時代。比例して社長の地位が相対的に低下してきた。果たして真の経営者像とは?社長研究の第一人者が、その答を探る。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/01/22Posted by ブクログ

      まず印象に残ったのは、「創業者」と「サラリ-マン社長」。
      これをやりたいってものがあるひとは、創業者向き。
      でも今日の多くの企業では、サラリーマン社長が多い。
      両者に共通して言えることは、ビジョンをも...

      続きを読む
    • 2008/03/01Posted by ブクログ

      君には社長の資格はない!という切り口。
      自信満々の人はぜひ読むべき。自信のない人には・・・。この人はすごいっていう人数が多いためインパクトが薄く感じた。えらくなった人には皆理由があるということか?

    • 2011/04/11Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      今の時代、「社長」を名乗る人は増えた。
      大企業でもカンパニー制が導入されてから、社内分社の長にも「社長」の肩書が与えられるようになった。
      かつて、「事業部長」や「事業本部長」といった肩書...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000283889","price":"748"}]

    セーフモード