金融立国試論

櫻川昌哉

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「オーバーバンキング」(預金過剰)がバブルを起こし不良債権をつくり金融危機を招いた。「カネ余りの不況」世界史的にも稀な現象がなぜ日本で起きたのか?マクロの視点で読み解く。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/04/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2008/03/10Posted by ブクログ

      平成不況の原因をオーバーバンキング(銀行の金余り)とし、日本の金融制度改革を提案する本。

      論理明快で分かり易く、面白い。
      ケインズ経済学、デフレについても基礎的なことが学べます。

    • 2009/11/21Posted by ブクログ

      国際金融論のテキスト?
      なんか、かなり主観で書いてる部分あるけど、まぁそれなりに面白かったです。
      だけど、わざわざ買って読むほどでもないかなぁ笑

      ちょいちょい謎なとこあるし!
      例:まったくごくろうさ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000283886","price":"693"}]

    セーフモード