官製不況~なぜ「日本売り」が進むのか~

門倉貴史

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いま手を打たないと「失われた10年」の再来だ!――サブプライムローン問題以降、日本と世界の経済はどうなっているのか?気鋭のエコノミストが、その見取り図を示す。

    続きを読む

    レビュー

    • 2008/12/25Posted by ブクログ

      アメリカのサブプライムローン問題に端を発する世界同時株安。なぜ日本の株価が低迷しているのか。外国人投資家にも広がりつつある「官製不況」という言葉を軸に、様々な角度から日本株だけが売られる理由を解説する...

      続きを読む
    • 2011/04/08Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      一匹の妖怪が日本を徘徊している-「官製不況」という妖怪が。
      アメリカのサブプライムローン問題に端を発する世界同時株安。
      なぜ、日本の株価が“震源地”アメリカより大幅に低迷しているのか?
      ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2009/10/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000283883","price":"726"}]

    セーフモード