【最新刊】次世代に語りつぐ生体解剖の記憶 : 元軍医湯浅謙さんの戦後

次世代に語りつぐ生体解剖の記憶 : 元軍医湯浅謙さんの戦後

1冊

著:小林節子

1,496円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日中戦争下の中国で、日本軍は、生体解剖を軍命により実施していた。それは日常の業務であり、軍医、看護婦、衛生兵など数千人が関わっていたことが推定される。湯浅謙さんが、生体解剖が犯罪であると認識したのは、戦犯として、収監されてからだった。特別軍事法廷で起訴免除され、日本に帰国後、湯浅さんは、自分の体験を、次世代につたえるため600回に及ぶ講演や、100回以上のテレビ出演をつづけている。著者は、湯浅さんたちを変えた中国共産党の捕虜政策とは何だったかを追う。

    続きを読む
    ページ数
    195ページ
    提供開始日
    2014/07/11
    連載誌/レーベル
    教科書に書かれなかった戦争

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード