呪術意識と現代社会 東京都二十三区民調査の社会学的分析

編著:竹内郁郎 編著:宇都宮京子

8,800円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。合格や商売繁盛を祈願する、お守りを身につける、節分で豆を撒く、運勢を占う、北枕を避けるといった行為は、必要不可欠ではないにもかかわらず、私たちの日常生活に浸透している。必ずしも宗教には位置づけられないこれらの呪術的行為は、どのような人々によって、どのような意識に基づいておこなわれているのだろうか。東京都二十三区での調査をもとに、現代社会に息づく呪術意識を浮き彫りにする。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/01/21Posted by ブクログ

      ●:引用 →:感想

      ●現代日本社会で、最も近代的、合理的と見なされている東京都23区
      ●「都市に住む人は呪術とは無縁だ」
      →???。この仮説、仮定条件そのものが疑問、というか納得しにくい。

      ●墓参...

      続きを読む
    • 2014/03/08Posted by ブクログ

      思った以上に呪術意識が高い事に驚いた。TVでスポーツの応援する事に効果があると考える人が38%もいるとは。
      23区は確かに近代都市なのだが、それなりに歴史もあるので寺や神社も多く、それらに関係する行事...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000283712","price":"8800"}]

    セーフモード