日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    日本の工場で、事故・事件が相次いでいる。化学メーカーではこの数年に深刻な事故が頻発した。いずれも死傷者を伴うものだった。消費者の不信を買ったアクリフーズの冷凍食品・農薬混入事件。逮捕された契約社員は自身の待遇に不満だったという。人件費削減のあおりで、今や日本の労働者の3割以上は非正規だ。コスト競争に負けた工場の閉鎖も相次ぐ。戦後の高度成長を支え、脈々とつないできた「ものづくり」のDNAは、もはや日本メーカーに受け継がれていないのか。多くの“プロ”がいたはずの工場で、今、何かが揺らいでいる。本誌は『週刊東洋経済』2014年3月15日号第1特集の21ページ分を抜粋して電子化したものです。【主な内容】どうした日本の製造業マルハニチロ事件の「必然」食品の現場はこんなに危ない冷凍食品、なぜ投げ売り?化学メーカーの「油断」日本の工場から消えた高卒正社員工場は日本で成立するのかソニー撤退の深い爪跡薄型パネルを敗戦処理するパナソニック、シャープ国内大リストラのJT

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード