たてつく二人

著:三谷幸喜 著:清水ミチコ

721円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「白クマと黒クマどっちが軽い?」(清水)「軽く感じるのは白クマですけど、強いのも白クマですよ」(三谷)/「僕は初めて買ったサントラが『大脱走』ですよ」(三谷)「わかりやすいわね、あなたの人生」(清水)。潜水艦映画にはずれなし?すきやきに白菜を入れる?タメになることからどうでもいいことまで、侃々諤々が止まらない!

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/06/21Posted by ブクログ

      相変わらずこのシリーズ、放映された時期と文庫発刊時期の時間差が気になる。(2009年の放送を収録らしい。)チャゲアスの話とかある意味タイムリー。

      「一六タルト」を「十六タルト」と言い間違えて、次回に...

      続きを読む
    • 2016/01/21Posted by ブクログ

      相変わらず言葉のチョイスが面白い。
      ・「7人の小人の名前を言えるか」→「むくみ」
      ・「大工の棟梁にスノープリンスの間、の似合わなさ」
      ・海老の老、と言わなくても老人の老でいいんじゃ
      ・会津藩の子供たち...

      続きを読む
    • 2014/09/11Posted by ブクログ

       ラジオ番組?がもとの二人の対話集。うーむ、これは生トークを聞かないとイメージがいま2つわかない・・・。ネタはおもしろいんだろうが、何かすかすかして通り過ぎてしまう。お二人のキャラや口調も知ってるのに...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000283554","price":"721"}]

    セーフモード