【最新刊】迫り来る日本経済の崩壊

迫り来る日本経済の崩壊

著:藤巻健史

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日銀による国債購入の約束は今年の12月まで。買いをやめれば国債と円は暴落し、一気にハイパーインフレに!ドル資産を保有する者だけが生き延びる。◎金利が上昇すれば、すべてがおしまい◎国にどんなに資産があっても、財政は破綻する◎いまの異常な低金利は長くは続かない◎国債を大量発行しているのに、なぜ金利が上がらないのか◎大手銀行がついに国債を減らし始めている◎国債が暴落したらインフレが加速し、円も株も暴落する!◎資産を防衛するには米ドルが最適

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/11
    連載誌/レーベル
    幻冬舎単行本
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3
    12
    5
    2
    4
    1
    3
    6
    2
    1
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2016/05/02Posted by ブクログ

      【日本が直面する危機を分かりやすく説明】
      現在参議院議員の藤巻氏の一冊。

      詳細は、本書に譲るが、とにかくわかりやすく、とても勉強になる。日本の財政ってヤバイはず!でも具体的に何が「ヤバイ」のかわから...

      続きを読む
    • 2014/11/27Posted by ブクログ

      読んで、日本株を辞めようと思った。
      わずかな資産を米国株で増やす決心をした。
      文中の参考書籍も読んでみようと思う。
      読破後、視野が広がったと感じる

    • 2014/08/02Posted by ブクログ

      著者に対しては、偏った考え方という印象をもっている方が多いと思います。投資系のラジオでも極端な例ということで名前が出てきます。
      ただ、こうした考え方があるのも事実ですし、書かれていることが頭の片隅にあ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード