【最新刊】性犯罪者の頭の中

性犯罪者の頭の中

1冊

著:鈴木伸元

815円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    平成24年、警察に届けられた強姦は1240件、強制わいせつは7263件。だが実際の被害は約10倍とも言われる。性犯罪者は「外見も気持ち悪い人」と思われがちだが、実は身なりも会話も普通で結婚しているケースも多い。そんな彼らはなぜ性犯罪をし続けるのか?「強姦するたびに自分がレベルアップしていく感覚があった」と十数件の性犯罪を繰り返す者もいれば、性犯罪をやめられない自分を苦に自殺する者もいる。共通するのは日常生活での“満たされなさ”。その感情がどう変化していくのか。彼らを性犯罪へと駆り立てる心の闇を赤裸々に綴った一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/11
    連載誌/レーベル
    幻冬舎新書

    レビュー

    3.7
    17
    5
    3
    4
    8
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/25Posted by ブクログ

      性犯罪者の犯行動機や性犯罪の実態、再犯防止の可能性やその手段について、実際の加害者の声を交えながら記した1冊。性犯罪というと加害者の場当たり的な(突然ムラムラして、とか)性的欲求に根差していると思われ...

      続きを読む
    • 2019/04/14Posted by ブクログ

      ■日本の刑務所では性犯罪者が再犯をしないように「指導」が行われている。プログラムはオリエンテーションの後,5つの項目について行われる。
      ①自己統制:事件につながった要因について検討,特定する。
      ②「認...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/03/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード