弱者はもう救われないのか

著:香山リカ

800円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    大企業優遇の経済政策、生活保護費など社会保障費の削減、社会全体に浸透する「人の価値は稼ぎで決まる」という価値観……国による「弱者切り捨て」が進み、人々もそれを受け入れつつある日本社会。この流れは、日本だけでなく、グローバリズムに席巻された世界全体の潮流でもある。私たちは人類が苦闘の末に獲得した「自由と公正を柱とする福祉国家」のモデルを、このまま手放してしまうのか?古今の思想・宗教に弱者救済の根拠を探り、市場経済と多数決を乗り越える新しい倫理を模索する、渾身の論考。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    7
    5
    1
    4
    2
    3
    3
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/05/30Posted by ブクログ

       著者が子どもの時分の回想から、現在日々の診察室で感じる格差の拡大。
       そもそも明治時代の中葉までは、貧民という概念は存在すらなかったらしい。高度成長からバブル、新自由主義へと弱者の切り捨てに至る時代...

      続きを読む
    • 2014/08/28Posted by ブクログ

      はじまりは前橋市に届いた伊達直人のランドセル。最終的には、全国で何千人もの伊達直人が現れ、恵まれない子供たちのため善行に走った。最初にランドセルを贈った伊達直人は決してお金に余裕があったわけでもない。...

      続きを読む
    • 2014/08/18Posted by ブクログ

       「弱者切り捨て」のグローバリズムに席巻された新自由主義の潮流の中で、「自由と公正を柱とする福祉国家」のモデルは崩壊してしまうのか。

       「弱者にやさしい社会」が失われつつあることを危惧する著者が、精...

      続きを読む
    開く

    セーフモード