【最新刊】日本の特別地域 特別編集44 これでいいのか 福島県(電子版)

日本の特別地域 特別編集44 これでいいのか 福島県(電子版)

編:岡島慎二 編:佐藤圭亮

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに伴う原発事故という未曾有の大災害は、福島県を激変させてしまった。平和だった地に突然舞い降りた悲劇が、福島県民にもたらした嘆きと絶望感の大きさは計り知れない。福島は、寒冷で厳しい風土の東北の中にあって比較的気候に恵まれており、農産物が豊かに実るまさに「豊穣の地」だ。面積は広大だが全体の約7割が山地という福島は、奥羽山脈と阿武隈山地によって県が3つの地域に区分されている。東から太平洋に面する浜通り、夏冬の寒暖差激しい盆地の中通り、そして豪雪地帯の会津。先の災害によって直接的な被害を被ったのは浜通りだが、中通りやさらに遠く離れた会津でも原発事故による風評被害に襲われ、福島全体でいわれのない差別を受けてしまった。さらに「福島はもう終わった」との無責任な外部からの声。だが、福島県民は今、そうした状況から不屈の精神で立ち上がろうとしている。ただし、復興に向けて県全体が一枚岩になって進もうにも、県内には独立国家が3つあるようなものだから、まとまりに欠けるという指摘もある。そこで本書では、福島県の各地域の歴史や特徴、問題点などを現地取材から明らかさせていただいた。福島は悲運だと嘆くばかりではなく、現実をしっかりと見つめて未来へと歩を進めるための一助になれれば幸いだ。

    続きを読む
    ページ数
    148ページ
    提供開始日
    2014/07/11
    連載誌/レーベル
    日本の特別地域

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード