日本の特別地域 特別編集47 これでいいのか 兵庫県 神戸市(電子版)

編:松本広章 編:平賀太一 編:小坂空

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「オシャレ」「エキゾチック」「夜景がきれい」「行きかう女の子がかわいい」、神戸という街を擬人化したらさぞがしモテることだろう。実際に神戸は国内有数の観光地である一方、イメージで語られるほど素晴らしい街ではないことは、この街に暮らす読者諸兄が最も痛切に感じている。確かに、高度成長期のころには株式会社神戸市とも称され、ポートアイランドや六甲アイランドの造成事業など、斬新なチャレンジで世の中の注目を集めてきた。ただ、いま神戸市のあちこちから聞こえてくるのは景気の悪い話ばかりである。ガラガラの観覧車が寂しく回るハーバーランド、ゴーストタウンのような一画もあるポートアイランド、そしてガールズバーのケバいおネエちゃんばかりがハバを利かせ、飲食店は閑古鳥が鳴く三宮の歓楽街――。ただ、街に人がいないのも、産業に元気がないから当然ではある。かつては国際貿易の拠点として港が存在感を発揮し、のちには鉄鋼や造船といった重工業が街の活気を生み出してきたが、いまや起爆剤となる存在すら見当たらない。せっかくスパコンを作っても「2位ではダメなんですか?」とケチがつけられた途端、本当に2位に落ちてしまう始末である。神戸を愛するからこそ、いまこのタイミングで声を大にして「これでいいのか神戸市!」と言わせてもらいたい。街を包む閉塞感は今に始まったことではなく、阪神・淡路大震災以来ずっと続いてきたものであることは百も承知。ただ、すべてを震災のせいにして立ち止まってきた時間がいささか長すぎはしないだろうか?本書では地域性、行政、気質などさまざまな見地から神戸市が抱えるタブーや問題点に鋭いツッコミを入れつつ、神戸の街を紐解いていきたい。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/08/13Posted by ブクログ

      本屋さんのレジでつい手に取ってしまったけどまあよかったかな
      神戸市民として面白かった
      なんか震災以来凹んでいる神戸市だけど
      うんうんって読んだよ
      ≪ よくないね 神戸もともと 寄せ集め ≫

    [{"item_id":"A000283525","price":"838"}]

    セーフモード