日本の特別地域 特別編集40 これでいいのか 大阪府 大阪市(電子版)

編:三宅敏行 編:山下敬三 編:橋村貴明

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。大阪のイメージと言えば「コナモン」「お笑い」「なんか危なそう」……。まさに、その通り!あえて否定はしない。大阪人には日本第二の都市、なんていう意識はまったくなく、独立国家・大阪として笑いとコナモンにまみれながら、根っからの商売根性とノリで邁進してきた。しかし今、大阪は間違いなく揺れている。大阪維新の会が高らかに改革をぶち上げ、いろんな意味で注目されるようになった大阪市は、街全体が改革の真っ只中なのだ。さらに、大阪市を取り巻く環境に目を向けてみれば、深い癒着体質だった市制や多額の負債を抱える3セクの遺物、連続する府警の不祥事に犯罪ワースト1のオンパレード、生活保護の町と揶揄された西成区など、改革が進みつつある現在でも、さまざまな問題が山積み状態なのだ。もうノリでは解決できまへん!これでええんか?大阪市!!「天下の台所」「東洋のマンチェスター」「くいだおれの街」と、さまざまな名前で呼ばれながら時代を切り抜けてきた大阪。果たして今後、アジアに向けた国際都市、大阪を作り上げることができるのだろうか?そこで本書では、大阪市が抱えるタブーに鋭くツッコミを入れながら、開発に揺れる街と大阪人の特徴を地域ごとに分けて徹底的に分析。「コナモン」と「お笑い」だけでは計り知れない、新たな街の解説書となれば幸いである。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード