日本の特別地域 特別編集28 これでいいのか 千葉県 葛南(電子版)

編:小森雅人 編:藤江孝次 編:佐藤圭亮

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。船橋市、市川市、浦安市、習志野市、八千代市の5つの市をまとめて『葛南』と呼ぶことを、現地の住民のどれくらいの人が知っているのだろう?しかし『東葛』という言葉なら比較的、耳にしたことがあるはず。そもそも『葛南』とは、その『東葛』に対してあるような言葉で、かつてこれらのエリアを含む広大な地域が「東葛飾郡」であったことに由来している。現在、『東葛』エリアといえば、松戸市、柏市、野田市、鎌ケ谷市、我孫子市、流山市の6市のことを指し、『葛南』エリアとはビミョーな距離感で、対比されたり、友好関係があったりすることはこのエリアに住む人なら誰でも感じているはずだ。属する市はメジャー級でも、マイナーな響きの『葛南』。先頃、東日本大震災の放射線量調査で要望書を提出した、千葉市と市原市を含む『京葉地域7市』の方がメジャーになっていくかもしれない。しかし本書はあくまでも『葛南』エリアにこだわって地域批評させていただく。何故なら、震災で大きな被害を被った浦安市、千葉県一の商業地である船橋市、東京の一部といっても過言ではない市川市、ベッドタウンとして栄えてきた習志野市や八千代市をまとめた『葛南』エリアだからこそ、浮き彫りになる特徴があるからだ。本書はこのような『葛南』が持つ魅力や問題点、そして、そこに住む千葉都民(通勤、通学、レジャーなどの生活全般が東京都内にある千葉県民のこと)や千葉県民の生態を、独自の視点と調査によって明らかにすることを目的としている。その見解には賛否両論あるだろうが、面白可笑しく読んでいただければ幸いだ。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000283518","price":"838"}]

    セーフモード