日本の特別地域 特別編集35 これでいいのか 宮城県 仙台市(電子版)

編:佐藤圭亮 編:丸山佑介 編:和田虫象

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。東北の中心地を自認する杜の都・仙台市。市民は東北イチの大都市に住むことを自慢に思うが、他市や他県民からは「その天狗っぷりが鼻につく」などとも思われていたりする。が、データというのは残酷なもので、実際東北地方に仙台市以上に重要な都市はない、というのは「事実」と断言できるだろう。しかし、具体的に「仙台のイメージは」と聞かれると、意外と多くは語れないとの声もある。そんなことないぞ、歴史で伊達政宗がいて、食い物が美味い。牛タン最高。で……あれ?「街がデカい」以外となると、あんまり見どころないのかも!?発展している都市というだけならば、それこそ日本全国にある。仙台ならではという特徴となると、住民が思っている以上に「希薄」だったりもするのだ。ならば大都市・仙台というのは伊達男たちが勝手に思い描いていた虚像なのか、それともアピール不足なだけで、本当に重要で特徴的な要素があるのだろうか。その辺を徹底調査していくのが本書の目的である。が、すでに30を越える街を調査してきた本シリーズにあって、今回は、やや特殊な構成にならざるを得なかった。2011年3月11日に発生した東日本大震災により、仙台、宮城をはじめとした東北~関東の沿岸地域は多大なる被害を受けてしまった。純粋な震災被害を語る本でもないので、基本的には「仙台/宮城と震災」という目線から、そして希望も込めて「アレからどこまで復興したのか」という切り口で、多くの紙幅も費やさせて頂いた。そもそも仙台市とはどんな都市なのか、そして仙台市がこれから担うべき役割とは。仙台市の実力は本当に「伊達じゃない」のか!?とくとご覧頂きたい。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000283509","price":"838"}]

    セーフモード