日本の特別地域 特別編集39 これでいいのか 東京都 武蔵野市三鷹市(電子版)

編:鈴木士郎

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「住みたい街」「かっこいい街」そんな風に言われる街はたくさんある。しかし、この『地域批評シリーズ』では、そうした街はあまり扱うことはなかった。それはなぜか。単純に「かっこいい街」などと言われる地域は、本当は薄っぺらで、中途半端にうわべだけを整えたチェーン店が軒を連ね、歴史の蓄積もなく、実際に住みやすいかもしれないが、「住んでいて楽しい街」ではない場所が多い。そうした土地に深い「地域愛」は芽生えず、そんな地域を扱った本は面白くないのである。もちろん例外は大いにあるが。などと言ってしまったところで、今回は「武蔵野市・三鷹市」である。武蔵野市と言えば、東京のみならず全国、もしかしたら世界にも通用する一大おしゃれ先進文化都市「吉祥寺」を抱える超ブランド地域である。後述するが、「住みたい街」「住んで良かった街」系ランキングでは金メダルの取得を義務づけられたようなチャンピオンである。筆者はお隣の杉並区の出身である。が、23区といっても大股で4歩ほど歩くと武蔵野市という境界線の生まれである。武蔵野、三鷹両市は生まれ故郷と言っても過言ではない。そんな人間から見ると、両市は確かに誇り高き我がスウィートホームだが、欠点・弱点も多く存在するのである。ここに武蔵野・三鷹の化けの皮をはがしてみる。果たして、武蔵野市、三鷹市は本当にその人気に値するのか。読者諸兄諸姉とともに見ていくとしよう。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/03/20Posted by ブクログ

      三鷹武蔵野地域をグダグダとぶー垂れる本。この手の本にしては、誤植はあれど、歴史とか一応間違いはなかったところは評価するが…
      なんか地域によってプライドだのステータスだの言ってるけど、そう言うのってつま...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000283508","price":"838"}]

    セーフモード