【最新刊】日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 東京都 足立区vs葛飾区vs江戸川区(電子版)

日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 東京都 足立区vs葛飾区vs江戸川区(電子版)

編:地域批評シリーズ編集部

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。特別地域とそこに住む人々、その人たちの生活を色々な面から分析し、批評することを目的とする『地域批評シリーズ』。臆面なくいわせてもらえばご好評いただいているが、その礎は『足立区』、シリーズ化の足掛かりは『葛飾区』である。今回は既刊の2区に江戸川区を加え、「新下町編」というスタンスでこれらの地域を分析していきたい。足立・葛飾・江戸川の3区には「庶民」があふれ、新しい下町。すなわち「新下町」となっている。必然的にお上品で高級な土地となるわけもなく、良くも悪くも庶民的だ。しかし、区民が家財産をすべて焼かれたビンボー人であったのは今や遠い昭和の時代。「相変わらずビンボーでヤンキーな東京のブロンクス」的なイメージに対して、「ホントっすか」という態度で取材を始めたのが本シリーズ第一弾である『日本の特別地域1東京都足立区』だった。当時「格差社会の象徴」扱いされていた足立区ではあったが、様々な分析の中で「ビンボーではあるが凶悪犯罪はあんまりないし、物価は安くて家賃(土地)も安いし住みやすいじゃないの」という結果になっている。さて足立の次に「新下町」である江戸川区はどうなんだろうか。今回のテーマは、「全体としての新下町」の真実と「それぞれの違い」である。比較対象は練馬、杉並、世田谷の西側3区。「格差社会の象徴」扱いされた新下町だけに、どうも3区の最下位争いに終始しそうな危惧もある。が、「新下町」を、数々のデータを用いて解き明かしていこう。

    続きを読む
    ページ数
    146ページ
    提供開始日
    2014/07/11
    連載誌/レーベル
    日本の特別地域

    レビュー

    • 2015/02/10Posted by ブクログ

      2015年2月10日読了。地域批評シリーズ。このシリーズ初期に取り上げられた、23区でも人気の低い3大地域を比較して検証しよう、という該当地域にとっては有難迷惑な企画ムック。データから見ると、ブルーカ...

      続きを読む
    • 2010/02/01Posted by ブクログ

      自分が住む土地に関する批判的な本があるので読んでみた。
      センセーショナルな言葉であおるだけ、あおって、最終的には「そんなに危なくないし、安いから住みやすいんじゃない?」という結論に落ち着いている。無難...

      続きを読む

    セーフモード