日本の特別地域 特別編集53 これでいいのか 北海道 札幌市 第2弾(電子版)

編:上岡哲次

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。前作では札幌市の「すでに滅んでいるパラダイス」という本質に迫り、市民はどん底の状況から目をそらしながら、のほほんとしている状況を探った。それから3年……。失業者と生活保護が増え続け、経済の見通しは暗く、あいかわらず市民は頑張らないで暮らしている。北海道は開拓時代の頃から士族・農民・流民などが入り込み、やがてこうした移民たちが一極集中した札幌が、漁業、農業などの一次産業分野で不動の地位を築いている北海道各地の人口と購買力を吸い上げながら、肥え太ってきた歴史がある。その構図は現在にも受け継がれ、流通拠点である札幌に、地方からストローで吸い上げるように人もモノも移動しているのだ。人口を道民の3分の1近く集め、いくつもの弊害を出しながらその肥満体は膨れ上がっているが、当の札幌人はと言うと、「仕事がない」「お金がない」「将来がない」と言いつつ、頑張らずに楽しそう。端から見ている方がハラハラさせられるが、札幌人は「なんとかなるっしょ!」と、何を言われても馬耳東風のままだ。札幌人は、なぜ頑張らないのか?第二弾である本書は、北海道という巨大な土地が生み出すエネルギーを札幌が吸い取っている現状を追いかけながら、札幌の成り立ちと今後の行方、どこか不思議な考え方の札幌人の深層心理に肉薄し、えぐり出した一冊である。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/01/06Posted by ブクログ

      シリーズ第二弾。ひとりでこれだけ取材して書いたってのはすごいなあ、と思いつつ、キーワード、札幌人=がんばらない、でぜんぶくくって押し通してしまうのはどうかなあ、と思った。北海道の言葉、習慣が実は東北由...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000283490","price":"838"}]

    セーフモード