【最新刊】理系バカと文系バカ

理系バカと文系バカ

1冊

著:竹内薫 構成:嵯峨野功一

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自分の好きな世界に没頭しすぎて、極端な行動に走りやすい「理系バカ」。一方で、他人の情報を鵜呑みにして、その場の空気に流されやすい「文系バカ」。彼らの行動パターンから見えてくる思考の偏りとは?本書では「文系」「理系」という垣根をとっぱらった、バランスのとれた知性のあり方を考える。前半では「理系バカ」「文系バカ」の事例を、ユーモアを交えて紹介。例えば、文系バカの典型タイプとして「取扱説明書は困った時にしか読まない」「ダイエットのためにカロリーオフ飲料をガブ飲みする」等々。一方の理系バカは「できれば他人と深く関わらないで生きてゆきたい」「新型商品を買うために徹夜して並ぶ」「意外とオカルトにハマりやすい」等々。あなたはどちらのタイプか?後半は、特に理科離れが著しい日本の現状を警告。教育、政治、メディアにおける科学の啓蒙について具体策を提案する。二つの世界を渡り歩く著者だからこそ知っている「文理融合センス」の磨き方。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/11
    連載誌/レーベル
    PHP新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.3
    81
    5
    7
    4
    28
    3
    35
    2
    9
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/07/15Posted by ブクログ

      タイトルからは理系と文系を否定する本なんだろうなと予想していましたが、
      実際はその逆でした。
      これからは理文混合させた人間が必要であると述べられており、私は強く共感しました。

      つまり、筆者が「バカ」...

      続きを読む
    • 2019/04/14Posted by ブクログ

      受験勉強をしていたころ、適性診断テストのようなものを受けたことがある。結果は「人間工学」「教育工学」といったものだったように記憶している。理系なのか?文系なのか?さっぱり分からなかった。
      この本を書店...

      続きを読む
    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      竹内さんの書籍紹介や書評がわりと面白いと
      思っていたので、その竹内さんの新刊を読んで
      みた。

      正直言って、やや期待はずれ。

      「文系バカ」と言われる事例、「理系バカ」と
      言われる事例をそれ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード