レディ・ガンナーの冒険(スニーカー文庫)

著者:茅田砂胡 イラスト:草河遊也

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「お嬢さま、もう無理です!追いつかれます」「大丈夫よ。みなさんがついているじゃないの」ウインスロウ家の娘、キャサリンは、ここに至って、ようやく用心棒たちに声をかけた。ことの始まりは一通の手紙。隣国の幼なじみに危機が迫っていると聞いたキャサリンは、侍女ひとりと、風変わりな四人の用心棒を連れて旅立ったのだが…破天荒なお嬢さまと、動物の姿に変身できる不思議な人々が織りなす、ファンタスティック・ストーリー登場。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    24
    5
    6
    4
    10
    3
    7
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/13Posted by ブクログ

      「冒険」「大追跡」「宝石泥棒」を再読
      読み始めて
      次にふと気がついいたら次巻を読んでいる途中だった
      何をいっ片鱗(以下略

      ああ恐ろしい恐ろしい
      一度手に取ったらやめられない止まらない魔力の高さ
      冷静...

      続きを読む
    • 2018/01/06Posted by ブクログ

      デルフィニア戦記の著者だったので購入。デルフィニアと比べると見劣りしてしまう。軽いのりが好きな人向きの小説である。

    • 2016/10/13匿名
      一言で本作を表すならファンタジー世界の暴れん坊令嬢

      西部開拓時代をモチーフにした架空の世界が舞台。
      絵師は魔術士オーフェンで有名な草河遊也。
      異種族との共存や差別モノですが、後味の悪さもなく楽しめる痛快作品です。
      泥々とした愛憎劇を望んでいる人には向き...

      続きを読む
    開く

    セーフモード