改訳 嵐が丘

エミリー・ブロンテ 訳:大和資雄

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    英国ヨークシャーの荒野の中、常に激しい風が吹きつける「嵐が丘」。そこに住むアンショー家の奔放な一人娘・キャサリンは孤児のヒースクリフとともに育てられる。やがて強い信頼と分かちがたい愛情で結ばれるふたりだが、美しく成長したキャサリンは近隣に住む裕福なリントン家との交際を深め、それによって二人の心に亀裂が生じる――。清冽な大自然の中、互いの魂の真の合一を求めてさまようキャサリンとヒースクリフ。生死すら超越した不滅の世界を描き出す、永遠の恋愛小説。

    続きを読む
    • 改訳 嵐が丘 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      改訳 嵐が丘 全 1 冊

      726円(税込)
      7pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 2014/03/16
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2007/07/23

      もう色々あるとおもうけど個人的にものすごいものすごい面白かったんだ!訳は確かに読みにくいのだけれど逆にあの文からくる雰囲気がたまらなく私は好みでした。というかヒースクリフ様の言動にいちいち泣きそうにな...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2011/07/27

      一つの家庭の崩壊が、世代を超えて連鎖していく話。
      子ども達はそれぞれ、アルコール中毒者や半狂乱の女性、DVを起こす残虐な男性へと成長する。

      「異常性」が渦中の人物によってではなく、隣人やメイドやDV...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード