【最新刊】改訳 嵐が丘

改訳 嵐が丘

1冊

エミリー・ブロンテ 訳:大和資雄

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    英国ヨークシャーの荒野の中、常に激しい風が吹きつける「嵐が丘」。そこに住むアンショー家の奔放な一人娘・キャサリンは孤児のヒースクリフとともに育てられる。やがて強い信頼と分かちがたい愛情で結ばれるふたりだが、美しく成長したキャサリンは近隣に住む裕福なリントン家との交際を深め、それによって二人の心に亀裂が生じる――。清冽な大自然の中、互いの魂の真の合一を求めてさまようキャサリンとヒースクリフ。生死すら超越した不滅の世界を描き出す、永遠の恋愛小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/11
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.2
    5
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/04Posted by ブクログ

      とある男女の別れをきっかけに起こる2代に渡るドロドロのラブストーリー。作者エミリー・ブロンテは、どういった心情で作中人物に悪魔だと罵られた上、一番の理解者であった姉シャーロットにまでいろいろこき下ろさ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/03/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/07/27Posted by ブクログ

      一つの家庭の崩壊が、世代を超えて連鎖していく話。
      子ども達はそれぞれ、アルコール中毒者や半狂乱の女性、DVを起こす残虐な男性へと成長する。

      「異常性」が渦中の人物によってではなく、隣人やメイドやDV...

      続きを読む
    開く

    セーフモード