本命

ディック・フランシス/菊池光

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〔競馬シリーズ〕濃霧をついて、蹄鉄のぶつかりあう音が響く。本命馬アドミラル号はただ一頭先頭を切り、最後の障害を飛越すべく態勢を整えていた。完璧な跳躍。宙に舞い、落ちた。騎手ビルは死んだ。事故なのか?ビルの親友アラン・ヨークはその疑いに抗し切れず、事件の謎に挑んでいった!

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/10/29Posted by ブクログ

       数あるディック・フランシスの作品の中で、5本の指に入る傑作だと思うのは、主人公の若さによるものが大きいのではないかと思う。20代前半の主人公は、若く、無鉄砲で、ロマンチックである。

       だからこそ、...

      続きを読む
    • 2016/07/24Posted by ブクログ

      会社の方が昔嵌った本とのことで、アマゾンでポチっと購入。

      読み始め数ページでガッツリ捕まれる。
      いきなり事件発生。そしてその後最後までずっとクライマックスが続くような、速度の速い小説だった。

      かな...

      続きを読む
    • 2020/07/26Posted by ブクログ

      競馬の障害レースで、親友のビル・デイビットソンが、障害を飛び越える際に落馬して死んだ。すぐ後ろを走っていたアラン・ヨークは、何者が針金をさし渡すところを目撃したが、警察が調べる前に証拠の針金は回収され...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000282520","price":"715"}]

    セーフモード