猫はなぜ絞首台に登ったか

東ゆみこ

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    18世紀のヨーロッパで起こった猫の逆さ吊り事件。なぜ、猫が有罪になり、吊され、人々から笑われたのか。古代までさかのぼって見えてきた意外な思考の形。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/02/28Posted by ブクログ

      大学でこの先生の授業受けました。

      話の内容はこの本とリンクしてたけど、北欧神話とか中世好きな私にはとても楽しめました。

    • 2011/04/09Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      次第に都市化しつつあった十八世紀なかばのヨーロッパでは、動物への残虐行為がいたるところで見られていた。
      なかでも、パリの印刷工場で起きた事件は異様だった。
      そこに勤める職人たちが、猫を一...

      続きを読む
    • 2009/07/14Posted by ブクログ

      神話をからめた近代のヨーロッパ文化の研究本。図書館でちょっとお勉強のつもりで手にとったのだが、最後まで読むのがつらかった。難しい訳じゃないのだが、なんだか、理論がこじつけに思えて・・・でも、ギリシャ・...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000281706","price":"726"}]

    セーフモード