月と日本建築~桂離宮から月を観る~

宮元健次

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古来、観月と日本建築は深く結びついていた――。敗者のシンボルか?滅びの美か?研究着手から15年。桂離宮、銀閣寺、伏見城を中心に、秘められた数奇なドラマを読む。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/04/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/06/09Posted by ブクログ

      桂離宮と銀閣を作った義政を中心に。
      西芳寺があの世を意味する「西方寺」で、もとは墓地(?)だったところに建てられたものだと初めて知った。
      あの不思議な静けさは、確かに納得する。
      月とはそんなにも、人を...

      続きを読む
    • 2010/09/12Posted by ブクログ

      この本、なんだか読み終わるのにえらい時間かかった。
      何度も中断した。

      桂離宮や銀閣、足利 義政時代の建築・庭園と月との関係を宮元さん独自の視点で論破。

      この人面白い件とそうでないところのギャップが...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000281701","price":"693"}]

    セーフモード