殉教~日本人は何を信仰したか~

山本博文

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    キリスト教を棄てることは、武士を棄てることだった。桃山~江戸時代、4千人以上もの、世界に類を見ない大量の「殉教」から見えてくる、日本人の気質と死生観とは?

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/07/21Posted by ブクログ

      [辛酸か、法悦か]豊臣、徳川初期時代の上からの弾圧により、苦しみの中で殉教を遂げたと「教科書的」には説明されるキリシタンの殉教。そんな定式化した見方に異議を唱えつつ、日本人の死生観の一端を明らかにしよ...

      続きを読む
    • 2011/04/11Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      桃山時代から江戸時代初期にかけて、豊臣秀吉や徳川家康といった時の権力者によってキリスト教は弾圧を受け、四千人とも言われる大量の殉教者が出た。
      これは世界に類を見ない特殊な出来事であるが、...

      続きを読む
    • 2013/12/29Posted by ブクログ

      フォトリーディング。著者はノンクリ。なかなか良さそうな本。
      高速リーディング後、高速を交えて熟読。

      著者はカトリックの信仰とプロテスタントの信仰が違う事を全く述べていなかったので、ひょっとしたらクリ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード