「大岡裁き」の法意識~西洋法と日本人~

青木人志

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人にとって法とは何?現行法はわれわれの法意識に合ったものなのか?司法改革が突き進むいま、長い間法学者たちが議論してきたこれらの問題を、改めて問い直す。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/04/10Posted by ブクログ

      著者は一橋大学法科大学院の教授。講演の説明を本にしたもの。第1章からの西洋法との比較や明治維新からの比較は飛ばしても良く第4章の我が国の法意識のところを読めばよいと思われる。著者は隣人との関係や他の学...

      続きを読む
    • 2005/04/27Posted by ブクログ

      第一印象:
      私自身の専門からは離れた分野ですが、学部の講義で基礎法に興味を持ち、今回は比較法に関する新書を何か一つ読んでみようと思って買った次第です。
      日本人が抱く法意識は、司法制度改革を通じて変わっ...

      続きを読む
    • 2016/08/20Posted by ブクログ

      「法」という制度について、歴史的・文化的・民族的な切り口で説明されており、勉強になった。
      とりわけ明治時代に法律を日本に取り込み初めた時代の話が興味深かった。
      外国語を勉強するだけでも大変なのに、法律...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000281690","price":"693"}]

    セーフモード