緊急討議Hot jam『ことばの始まる場所』第二回 「民主主義を超えて」

著:森崎茂 著:片山恭一

275円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2014年、安倍政権になって1年あまり、この間の政治的状況に危機感を覚えた小説家・片山恭一氏が、「あまりにもヒドイじゃないか!」ということで、畏敬する思想家・森崎茂氏と“緊急討議”!第2弾が出来。今回はより哲学的に鋭利に現在の日本社会を切り込んでいます。森崎「村上春樹の本を読んで癒されるというか、共感するというのは、そこで思考停止しているからだと思います。」片山「この人の狡猾さを世界は認めるのかっていう、絶望に近いまでの不快感です。村上春樹を認める世界を、ぼくは認めない。」……村上春樹論にまで及んだお二人の対談をどうぞご賞味ください。目次グローバリゼーションと民主主義によって実現される世界東洋は西洋の対抗原理たりうるか?解釈のための言葉はいらない当事者性をめぐって村上春樹が図らずも描いてしまったものそして内包存在へ〈著者略歴〉森崎茂(もりさきしげる)思想家。1949年生まれ。九州大学農学部卒。著書に『内包表現論序説』、『GUAN02』など。現在、「内包」概念を中心に、まったく新しい存在論を構築中。熊本市在住。片山恭一(かたやまきょういち)作家。1959年愛媛県生まれ。九州大学農学部卒。主な作品に『きみの知らないところで世界は動く』『世界の中心で、愛をさけぶ』『死を見つめ、生をひらく』『生きることの発明』など。福岡市在住。

    続きを読む
    • 緊急討議Hot jam『ことばの始まる場所』 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      緊急討議Hot jam『ことばの始まる場所』 全 6 巻

      1,650円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000300413","price":"275"}]

    セーフモード