新トヨタ式「改善」の教科書―世界No.1に導いたものづくりの原点

著:若松義人

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    トヨタ式生産方式の考え方&実践法。なぜトヨタは、逆風のたびに強くなるのか!あなたの職場を変え、意識の高い社員を育てるトヨタ式経営の基本がわかる1冊。過去を否定することで致命的な危機を脱しようとする企業は少なくない。「「赤字体質」(「依存体質」「守りの姿勢」などでもいい)を脱して、新しい企業文化を創造します」といったものがその典型だろう。ところがトヨタは、「原点」を取り戻すことで世界最強のモノづくり企業の座に復帰しているのだ。過去を捨てたり乗り越えたりすることでイノベーションを起こす企業は多いが、原点を守ることでイノベーションを起こせる企業がほかにあるだろうか。一体、トヨタを再生させた「原点」とは何なのか。そして、トヨタ式のバックボーンにある「準備」とはどういうものなのか。一言で集約すれば「改善」の二文字に行き着くのだが、「KAIZEN」という世界共通語にもなっているこの言葉の実際を詳述しながら、トヨタの原点を日本のモノづくりの原点として共有していきたいと思う。(本文より)【主な内容】第1章「お客様との接点」から改善する--ものづくり力の再生第2章一日単位でなく「一章単位」で改善する--ムダ取りの定着第3章知識よりも意識を改善する--品質力・納期力・コスト力の革命第4章会社の「暗黙のルール」を改善する--社風力と育成力の向上第5章失敗後の「次の手」を改善する--再生力の鍛錬第6章トヨタの改善歴から力を得る--学ぶ力の開拓

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/10/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/12/08Posted by ブクログ

      2014年時点での日本の産業界を俯瞰してトヨタ式の価値を語る。つくる仕事に必要なのは「売る力」、ブランド価値をお客様に伝える、「みんなの知恵」を育てる、「どんな場でも、人は仕事を通じて学び、知恵を出し...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000281120","price":"1320"}]

    セーフモード