居酒屋お夏 二 春呼ぶどんぶり

著:岡本さとる

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    口は悪いが、料理は旨い女将のお夏。常連客である貧乏浪人の亀井礼三郎・春之助親子の前に、家を捨てたはずの女房・おせいが現れた。春之助を強引に取り戻そうとするおせいの背後に怪しい影を感じたお夏が、料理人の清次と突きとめた姦計とは?客のささやかな幸せを守るため、艶美な姿で悪事を暴くお夏の活躍を描いた待望のシリーズ第二弾。お夏の鉄火肌と啖呵が胸に響く人情小説。

    続きを読む
    • 居酒屋お夏 全 11 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      居酒屋お夏 全 11 巻

      6,949円(税込)
      69pt獲得

    レビュー

    • 2015/12/13Posted by ブクログ

      目黒不動の近く、「酒・飯」の幟(のぼり)」の居酒屋が! 大したものがなくても、店に酒と飯があれば客はいつでもほっとするもの(笑){白い飯と鰯の目刺しを炙ったものに香の物と豆腐の味噌汁 十二文}(朝粥、...

      続きを読む
    • 2017/02/14Posted by ブクログ

      岡本さとるさんの「居酒屋お夏(六)きつねの嫁」(2017.1)、快調ですw。梅干し婆ァ、きつねの嫁、干柿、しらすおろしの4話。1話で1冊の価値、4話で4つの料理が楽しめます! 迷いなく先へ進もうとする...

      続きを読む
    • 2015/12/13Posted by ブクログ

      岡本さとるさんの「女仕置き人シリーズ(居酒屋お夏)」№3「つまみ食い」、27.6発行です。読むのはいつも一息です(笑)目黒の居酒屋が舞台、くそ婆ァと呼ばれるもこれ以上いい女はいない女将の「お夏」と寡黙...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001502487","price":"627"}]

    セーフモード